セット販売MENU

  1. ①マサキストアのセット販売について
  2. ②軽減税率8%・10%(複数税率)
  3. ③消費税転嫁対策特別措置法が終了予定
  4. ④インボイス制度
  5. ⑤部門
  6. ⑥商品設定
  7. ⑦キーシート作成ツール
  8. ⑧レシート・領収書ロゴ印字
  9. ⑨コマーシャルメッセージ
  10. ⑩責任者設定
  11. ⑪機能キー
  12. ⑫オリジナル説明書
  13. ⑬ソフトウェア(有料)
  14. ⑭その他(有料オプション)

セット販売

マサキストアでは、レジスターは全てセット販売にて販売を行っております!

マサキストアのセット販売について

セット販売内容

レジスターの機種によりセット販売内容が異なっております。
各レジスター毎にセット販売内容を掲載しておりますので、
そちらにてご確認をお願い致します。

※セット販売内容は変更する場合がございます。

設定の流れ

マサキストアでは設定を行う為にエクセルの設定シートをメールにてお送りしております。

※レジスターの設定はすべて弊社よりお送り致します。
Excelの入力用ファイルにご入力頂きまして、ご返送をお願い致します。

①各商品ページよりご注文をお願いします。

商品ページより注文画面

次へ

②ご注文内容をご確認後、弊社よりメールにて設定用の
Excelファイルをお送りいたします。
飲食店向けのワンタッチキーがある場合には、
タッチキーの見取り図もお送りいたします。

Excel入力画面

次へ

③設定内容をご入力後、弊社にメールにてお送りをお願いします。

Excel入力シート

次へ

④お送り頂きました内容をご確認後設定作業を行います。

軽減税率(複数税率)について

増税スケジュール

1989年4月 消費税3%
1997年4月消費税5%
2004年4月総額表示義務化(税込表示)
2013年6月消費税転嫁対策特別措置法
2014年4月消費税8%
2019年10月軽減税率10%・8%
2021年3月31日消費税転嫁対策特別措置法終了予定

2019年10月1日より軽減税率(複数税率8%・10%)の複数税率が導入予定となっております。
これにより、飲食料品や新聞等々販売の飲食店での持ち帰り・テイクアウトと雑貨・店内飲食・酒類等々との税率が異なる様になっております。
レジスターやPOSレジも同様に対応を行わないと正しい販売が行えません。
今後の予定では、2021年3月31日で消費税転嫁対策特別措置法も終了致しまして、完全に総額表示に対応する必要性もございます。
2023年10月1日よりインボイス制度(適格請求書等保存方式)の本格実施もございます。

対象外品目8%

対象外品目8%

対象外品目10%

対象外品目10%

レジスターやPOSレジ等におきましても、複数税率にてレシートの印字を行う必要がございます。
マサキストアではこの複数税率に対応した設定を行いまして出荷をしております。

(※機種やお客様の仕様により印字内容は変更となる場合がございます)

 

実際のレシートの印字はどうしたらよいのか?

マサキストアが実際のお店だとして、具体例を出して説明を致します。
AとBのパターンのレシートがあります。さて、どちらが軽減税率(複数税率)に対応しているのでしょうか?

軽減税率(複数税率)具体例

正解はAとなります

 

何故Bがダメなのでしょうか?

レシートに必ず印字が必要な内容がございます。それを分かりやすく色付けをしております。

軽減税率(複数税率)に対応しているレシート

赤文字

青文字

部門01や部門03等々の印字であるため、レシートの取引内容が不明となっております。
八百屋の場合は「大根」「ほうれん草」「ピーマン」や「野菜」「食品」「果物」等々の印字内容であれば、レシートに印字された商品の内容がわかります。
部門01やその他という記載では、消費税法の記載事項を満たしておりません。

※レシートに印字される部門名称や商品名称は必ず商品名等を印字する必要性がございます。

2021年10月1日よりインボイス制度の番号登録の開始が行われる予定です。
登録後、課税事業者に割り振られる「登録番号」をレシートに印字する必要が出てきます。
これは、レシートに限らず、納品書や請求書等にも印字が必要になります。

また、軽減税率に引き続き、商品や製品ごとに細かい事柄が記載されたレシートが必要となります。
それは、数量・単価・税率・税額・合計金額・適用税率の他・登録番号となります。

実際の印字例となります。

(レシートを領収証として使用するパターン)
(2019年8月段階。変更があり次第更新致します。)

実際の印字例

ドラックストア・薬局様などでセルフメディケーション税制に対応する場合には更に印字項目が必要となります。

※軽減税率・インボイス制度・セルフメディケーションの3つに対応を行う必要性がございます。
対応機種等につきましてはご相談下さいませ。

ドラックストア・薬局様などのセルフメディケーション税制レシート例

消費税転嫁対策特別措置法(価格表示の特例)が終了したら店舗の対応は?2021年3月31日終了予定

※消費税転嫁対策特別措置法(価格表示の特例)が終了した場合、店舗内のプライスカードやメニュー等全ての価格表示に影響します。
レジスターの設定も同様に影響してきます。

総額表示方式(2004年4月)で店舗の値札や広告等で消費税額を含めた総額表示(税込表示・内税表示)を行う事が義務付けられました。
この際に殆どの店舗ではレジスターの計算方式を内税で行う様になりました。
2014年の消費税8%にて増税に伴う経過措置として消費税転嫁対策特別措置法が施行されました。
この消費税転嫁対策特別措置法に【価格表示の特例】の内容が含まれております。

【価格表示の特例】

全ての事業者が対象になります。
表示価格が税込み価格と誤認されないための措置をとれば、税抜価格の表示を行っても良いという特例です。
値札・メニュー・チラシ・広告・店舗内全ての価格表示などにおいて、「○○○円(税抜き)」「○○○円+税」のように、税抜価格を表示して良いことになります。
また、税抜価格を大きな文字で強調し、その下などに()などをつけて税込価格を小さめに表示するといった、税抜価格の強調表示も認められます。

これにより延長を含め、2013年10月1日~2021年3月31日までの間、消費税額を含めた総額表示は「義務」から「任意」へ緩和された事で、殆どの店舗では、2004年4月以前の外税方式(税抜表示・税別表示)に逆戻りになっている状態です。

今までの流れを遡ってご説明を致します。

①店舗の価格表示について

総額表示方式(2004年4月)で店舗の値札や広告等の表示義務がございました。
2014年の消費税8%にて店舗の業務負担が大きい為、価格の表示に関する消費税転嫁対策特別措置法が施行されました。

1989年4月 消費税3%
1997年4月消費税5%
2004年4月総額表示義務化(税込表示)
2013年6月消費税転嫁対策特別措置法
2014年4月消費税8%
2019年10月軽減税率10%・8%
2021年3月31日消費税転嫁対策特別措置法終了予定

※消費税転嫁対策特別措置法:「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法」

2014年4月消費税8%に対応を行う為には、下記の必要性がございました。

【問題点】

総額表示(税込)対応:プライスカードやメニュー等の変更とレジスターの価格変更を2013年3月31日営業終了後に4月1日の営業前まで全て行わないといけない。

【結果】

殆どの店舗が対応できない

【対策】

費税転嫁対策特別措置法を利用して、事前準備が行いやすい様に2013年3月31日より数カ月前に外税のレジスターを導入。
5%⇒8%に税率のみ変更するだけで対応出来るように行った。
今後、税率UPが来ても税率変更のみで対応出来る様にした。

【現在】

この流れで、現店舗でも、外税表示+レジスター外税設定が大半を占めております。
また、2019年10月の軽減税率でも同様の流れになっております。

(総額表示の例)

(禁止例)

上記、禁止例が消費税転嫁対策特別措置法にて2021年3月31日まで認められております。
※2019年8月現在

(総額表示義務の緩和の内容)

②店舗の値札・広告等の総額表示(税込)価格とレジスターの計算方式

店舗内で総額表示を行い、レジスターでは外税にて計算させる方法についてです。

172円(8%税込)表示にて販売を行っている商品を2個販売した場合

A計算方式

『レジスター:内税計算』
「税込価格」を基に計算:172円×2個=344円

B計算方式

『レジスター:外税計算』端数切捨て
「税抜価格」を基に計算:160円×2個×1.08=345円
※合計後に消費税計算

C計算方式

『レジスター:外税計算』端数切捨て
「税抜価格」を基に計算:(160円×1.08=172)+(160円×1.08=172)=344円
※単品1個に対して消費税計算後、合計金額を計算

現在、流通しているレジスターはAとBの計算方式しか対応しておらず、Cの計算方式が可能なレジスターが現在開発されておりません。

2021年4月1日以降はレジスターも全てAの内税計算方式に切り替える必要性がございます。

③消費税転嫁対策特別措置法が終了まで対応内容

※消費税転嫁対策特別措置法が延長されれば、外税のまま対応可能

2019年10月1日以降にレジスターを導入する予定の店舗では、
総額表示に対応した内税計算方式にてレジスターの設定をおすすめ致します。

インボイス制度について

増税スケジュール

インボイス制度の仕組み

軽減税率に対応する新しい経理方式の事をインボイス方式と言います。
インボイス制度は、消費税の納税義務を負う課税業者に対して「インボイス」の発行及びその副本の保存が義務づけられる様になります。
これが「適格請求書等保存方式」となります。

2023年10月1日からインボイス制度の本格実施以降に、消費税の仕入税額控除を受けるには新設される適格請求書発行業者が交付した「適格請求書」または「適格簡易請求書」が必要となります。
適格請求書とは「売り手が買い手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝えるための書類」です。
これにより、消費税の仕入税額控除の内容が変更となり、請求書等の様式も変更となっていきます。

インボイス制度のスケジュール

[消費税の課税事業者の条件]

現行の制度では、基準期間の課税売上高が1,000万円超の事業者(課税事業者)となっております。
1,000万円以下の事業者は、消費税の納税が免除(免除事業者)されております。
その為、1,000万円以下の事業者は、消費者等から徴収している消費税は店舗の売り上げとして手元に残すことが出来るようになっております。

[軽減税率施行以後の仕入税額控除の新しい経理方式]

インボイス方式を理解する為に、軽減税率が無い状態で消費税10%外税のみで経理方式をおさらいしてみます。
例題を用いてご説明を致します。

マサキストアが1,000円で販売しているDVDがあります。
DVDを販売するには消費税10%を含めた1,100円をお客様よりお支払い頂きます。

インボイス説明例題

それではマサキストアはお客様から支払いを頂いた(預かった)消費税100円を納税するのでしょうか?

インボイス説明例題

実際には100円を納税はしません。
何故ならば、DVDを仕入れた際に、仕入先に同じく消費税10%を支払っているからです。
そのためDVDを700円で仕入を行っていた場合、仕入で払った消費税を差し引いた価格を納税すれば良いことになり、仕入れ控除が発生します。

インボイス説明例題

しかし軽減税率導入後は品目によって税率(8%・10%)が異なるため、この仕入れ控除にも細かい書き込みが必要になってきます。

そこで導入されるのがインボイス方式、これは軽減税率導入以降で必要になる仕入れ控除のための新しい経理方式になります。

例題として、マサキストアでは消費税率10%の商品と消費税率8%の商品を仕入れ・販売しております。
消費税率8%の仕入商品は、消費税率店内飲食10%とテイクアウト消費税率8%で販売をしております。 この際の仕入れ控除計算はどの様になるのでしょうか?

インボイス説明例題

加工品や食品製造を行い、直接販売を行っている事業者は更に複雑になる場合がございます。

インボイス説明例題

[不正を防ぎ、追跡調査も可能になります。]

上記マサキストアで消費税率10%のみで販売していた場合には、納税控除は消費税額が一律のため簡単にできました。 軽減税率導入後は、商品や販売形態によって税率が違ってくるため、不正や記載ミスが発生する恐れがあります。 これらを防ぐために用いられるのがインボイス方式で軽減税率が実施されているEU諸国では既に採用されています。

インボイス制度での「適格請求書」は、商品毎に細かい内容が記載された請求書等と思って頂ければ大丈夫です。 記載内容は、[数量・単価・税率・税額・合計金額・適用税率の他、課税事業者に割り振られる登録番号]などです。

[インボイス制度で取引内容が明確になります。]

例えば販売時は消費税8%で販売を行って、仕入れは10%扱いにすることで、納税額を少なくしてごまかすといった不正はできないでしょう。また、2021年10月1日より開始予定の登録番号によって複数税率・税額の確認や仕入・販売者の確認を追跡調査することも容易になってきます。 課税事業者で無い場合には、消費税を請求することは難しくなります。
分からない・面倒だからインボイス制度を無視すればいいかと言えば、そうでは全くありません。

仕入側の事業者はインボイス制度に基づかない内容(適格請求書)以外で仕入を行った場合、仕入税額控除が認められなくなります。
なので、必ず販売側・仕入側の双方についても、インボイス制度に対応した内容(適格請求書等)を求めることになります。

レジスターのレシートや領収書や納品書等々の取引記録も仕入税額控除を受ける為には、インボイス制度に適用した明細書が必要となります。

(商品の数量・単価・税率・税額・合計金額・適用税率の他、課税事業者に割り振られる登録番号)

この事により2023年10月1日より開始されるインボイス制度本格実施までには、レジスターでは、単品(商品)一品一品の販売管理を整備する事をお勧め致します。

まとめ、課税事業者の登録を行い、仕入側も販売側も複数税率に対応した詳細な経理対応(適格請求書等)を行わないと、仕入税額控除が一切認められなくなるという事です。
何にも対応していないと、、、自社や仕入先、販売先、その先のお客様までも大変困りますよね^^;

管轄の税務署や税理士さん等に是非、相談・確認してみて下さい。

部門設定

[部門設定]

・レシートに印字する部門名称

レシートに印字する部門名称・部門ボタン・軽減税率(10%内税・10%外税・8%内税・8%外税・非課税)
などの設定を行います。

[印字例:SR-S4000-20S]

印字例:SR-S4000-20S

・部門ボタン

小売店・物販店向けレジスター

[キーボード例:SR-S4000-20S]

キーボード例:SR-S4000-20S

部門ボタンには、透明なキャップがしてあります。
このキャップの中に、部門名称を印字した紙を入れて、打ち間違えを防ぐ様にしております。

・軽減税率対応の消費税設定
・消費税端数設定

[消費税の課税方式には3つの方式がございます。]

消費税の課税方式

カシオレジスターの場合

レジスター税設定 消費税 端数処理
シンボルマーク
税テーブル1 10%内税 切り上げ
四捨五入
切り捨て
印字無し
税テーブル2 10%外税 切り上げ
四捨五入
切り捨て
税テーブル3 8%内税 切り上げ
四捨五入
切り捨て
税テーブル4 8%外税 切り上げ
四捨五入
切り捨て
非課税 - -

※税シンボルマーク:レシートの販売価格の横に自動的に印字されるマーク

PLU商品設定(※飲食店向けレジスターのみ)

[PLU商品設定]

飲食店向けレジスター

[キーボード例:SR-C550]

キーボード例:SR-C550

カシオ・シャープレジスターPLU商品配置図

[印字例:XE-A417]

印字例:XE-A417

東芝テックレジスターレイアウト図

[印字例:FS-700]

印字例:FS-700

※商品のワンタッチキー部分には、商品名(略称名)を印刷したキーシートを入れて出荷を致します。

キーシート作成ツール

キーシート作成ツール

レシート・領収書ロゴ印字設定

レシート・領収書ロゴ印字設定いたします!

マサキストアにて作成・設定を行なって出荷をいたしております!
メーカーでは約2週間かかりますが、
2〜3営業日にて作成・設定まで行いまして出荷をしております。

[印字例:カシオレジスター]

カシオレジスター印字例

コマーシャルメッセージ

※コマーシャルメッセージの設定はシャープレジスターのみとなります。

コマーシャルメッセージの設定

責任者設定

レジスターを操作する前に責任者を入力して操作をします。

スタッフごとに責任者番号を決めておくと、誰がレジを操作したかを明確にでき、責任者名をレシートに印字することができます。

責任者設定

消費税端数処理や機能キー変更設定

自動計算される消費税の端数計算の設定
レシートに印字される消費税端数処理や機能キー変更設定を行います。

責任者設定

オリジナル説明書

オリジナル説明書

オリジナル説明書

オリジナル説明書

ソフトウェア(有料)

該当機種:シャープレジスターXE-A407・XE-A417

★PLU/JANマスタ一括登録&ラベル発行ソフト(別途有料)★

●ソフトの機能

【簡単なお使い方法(手順)】

【バーコードを印字する場合】

【レジスターへ商品を登録する場合】

【注意事項】

ご注意:現象と不具合は

該当機種:シャープレジスターER-A411・ER-A421

ER-A411/ER-A421対応レジスター商品設定ツール

>ER-A411/ER-A421対応レジスター商品設定

>ER-A411/ER-A421対応レジスター商品設定

東芝テックレジスターMA-700・MA-770・FS-700・FS-770

MA-700/MA-770対応 レジスター商品設定ツール

レジスターの商品管理をパソコンから行い、レジスターの機能を最大限に引出す簡単で使いやすいソフトです。

東芝テックレジスターMA-700・MA-770・FS-700・FS-770対応レジスター商品設定

東芝テックレジスターMA-700・MA-770・FS-700・FS-770対応レジスター商品設定

並べ替え、商品名により抽出などで商品登録も簡単です。

その他(有料オプション)

セット販売以外のその他オプション設定も承っております。(有料)

部門拡張やJAN設定等は別途セット販売にて販売を行っております。

等々 設定についてはご相談下さいませ

インストアバーコード台帳はこちらから